« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月24日 (金)

一人ぼっちの木曜日

今年になって、一人で過ごす初めての木曜日でした。

不思議なくらい心が落ち着いて、寂しさ感じずに過ごせた。。。

22時頃に、会議兼飲み会が終わり、酔っ払った。というメールが入りました。

終わったらメールするって約束、覚えててくれてありがとう。

今の私には、それで充分だよ。

でもねぇ 来週会えたとして

2週間会えないのは、やっぱり寂しいな。一度会わない間に、4回も練習で会える人がいて。。。比べることじゃないって分かってるけれど、そんな風に考えたりもしちゃう。

今日から数日、実家の手伝いのため帰ります。

気分転換になるといいな。あっという間に木曜日・・なくらい忙しく過ごしたいと思います^^

では 行ってきまぁす!

2009年4月23日 (木)

大丈夫。

仕事が一段落。スッキリした気持ちで彼様に会える。

と思ってたけど、今夜は彼様、会議兼飲み会があるとのこと・・。

今日、会議があるのは聞いてたけど、夜にあるとか、だから会えないとかは聞いてなかった。もしかしたら・・・そんな予感はしたけど。

「会えないとは聞いてなかったから・・・」 という私に、

「飲まないで、終わったら行く」  と彼様。

その言葉はね、最初に言って欲しいねん。飲み会もあって、会いに来れないって分かってたんならね、少しの時間でもいいから違う日に時間作って欲しかったんだぁ。。。

けど、車がなく、私から会いに行けない今、わがままは言えない。

次期役員を決めるけれど、もめるかもしれない。担当でないのに、連絡や頼まれごとを任されて困ってた彼様。先週の話から、たいへんさを感じた私が、「会いに来て」とは言えなかった。

「寂しいけど、それならいいよ。メールだけちょうだい」

そう返信しました。

リセットした気持ち、揺らいだけど・・・

大丈夫。

2009年4月21日 (火)

恋愛速度

昨日、一昨日と連日、友達が遊びに来てくれました。

日曜は、親友のYちゃん。愛娘、Cちゃんも一緒☆

2週間ほど前に、彼様とのことを相談していたので、その後の経過を簡単に報告。。。

「そんな風に、ああだこうだの話されると、嫌がる男の人って多いと思うわ。今までも何回かそういう話してきて、もう嫌やったら向こうから別れやるって。そりゃあ彼様も、もう少し言葉があってもいいと思うけどな。。。それでも彼様は、メールくれたり、そうやって会いに来てくれてるんやから。みほたんの話、時々聞いてるけど、なんでそんな風に考えるんやろう?大丈夫やのになぁ~って思っててん」

彼女には、いつも元気をもらってます。

Yちゃん、ありがとうネ☆

それと、修学旅行のお土産、Cちゃん ありがとう!大事にするからね☆

そして、昨日。

県外の友達が、片道約2時間かけて会いに来てくれました。それだけでも嬉しい。

彼女は私より一つお姉さんで、独身です。一年近く会わない間に、彼女にはいろんなことがあったようでした。

結婚を考え、紹介してもらった方と付き合ったけれど、先月別れたとのこと・・・。

ついつい彼女の立場で考えてしまうけれど、よくよく考えたら彼の気持ちも分かるなぁ。。とか、「結婚」に向けての、お互いの気持ちの速度の差が大きすぎたのかも。。って感じました。

彼女の話を聞いていて、私自身のことも見つめなおす機会にもなった。。。

一人でまた悩んでしまった時は、第3者的な感覚で考えれたらなぁ。気持ちが先走って、何にも見えなくなることがあるから。。。

充実した2日間でした^^

さぁ、仕事も頑張らなくっちゃ!!!

2009年4月18日 (土)

成長したいな

デートのお礼もかねて、私からするのが習慣になってた金曜日。

ですが、私より先に彼様からメールが届きました。

「練習終わって、今から風呂にいきまは」

・・・いきまは?・・・

急いでたのかなぁ。と思いながら、返信を送りました。

彼様へのいろんな気持ち、リセットするって決めたからには、私も頑張らねば!です。

仕事量を増やし、黒字生活できるように。実家の手伝いも、ちゃんと協力しよう。

ひとり暮らし2年目は、部屋も可愛く、もっと居心地のいい場所にしよう。

そして、自分を磨いて、成長したい!

私と過ごすのが楽しい  いつも思ってもらえるように。

もっと会いたい  そう思ってもらえるように。

2009年4月17日 (金)

リセット

昨夜は彼様の方にお通夜が入ったため、遅い時間からのデートになりました。

会うまでのメールで、「お通夜の後、用ができたから会えない」という彼様。理由を聞いて、私も会わないことを了解していました。

けれど、用事が済んだ後、彼様は会いにきてくれました。

会うなり、「ごめん」という彼様。

今まで、遅れてきても謝ったことなんてなかったのに。。。

近くのマクドでお茶することに。

私は、いろいろ考え悩んで、聞きたいことはちゃんと彼様に聞こう。そのつもりでした。

でも、昨夜の彼様は・・・

たくさんのことを話してくれました。仕事のことや葬儀の連絡・手伝いのこと。お客さんとのやりとりやパソコン、テレビのこと。冗談を交えながら。。私も仕事のこと、実家のことなど話しました。

彼様から仕事の愚痴は聞いたことないけれど、仕事や人間関係の大変さを抱えてること、なんとなくだけど感じました。

はじめこそ先週の険悪な雰囲気を引きずっているような二人でしたが、悩んでカチカチになってた心が、少しずつやわらかくなった気がしました。

いつ話そうか。いつきりだそうかと考えてたのに、いつの間にか忘れてた。

気づけば25時前。沈黙もほとんどなく、3時間も彼様と話をし続けていました。こんなに長く、話だけで過ごすのはいつぶりだろう・・?初めてかもしれない。

「こんな時間かぁ。楽しかったから、時間経つの忘れるなぁ」

そう言ってくれる彼様。嬉しかった。

彼様からのメール。「ごめん」の言葉。あまり話すタイプでない彼様がリードして、話をしてくれたこと。

「会話やコミュニケーションって大事やと思うから。。」先週に言ったことを、彼様なりに考えてくれたのかな。そんな気がしました。

それに・・・

昨夜、会わないことは私も了解した。。葬儀の手伝いなどで疲れているはずなのに、遅くから会いにきてくれた。翌日は告別式にも参列するから早く帰りたいはずなのに、遅くまで一緒にいてくれた。

「好き」とか 欲しい言葉はないけれど、一緒にいてくれることを改めて嬉しく感じました。

昨日みたいに、二人のことについても話せるようになれたらいいな。

あれだけ悩み、別れまで覚悟のうえで、ちゃんと話そうと思っていたけど、結局は何も聞かないままでした。

不安がすべて消えたわけではなく、以前の気持ちまで戻ったわけでもなくて。。。

でも彼様なりに思ってくれてるんだって感じれたから

だから

気持ちをリセットします。

彼様

昨夜はありがとう。

すぐ悩んで泣いたり、嬉しくてもっと一緒にいたがったり。

自分でも自分に疲れる。

彼様にふさわしい女性に近づけるよう努力するから

時々私の気持ち、考えてくれると嬉しいな。

「思いやり」考えさせてくれて ありがとう。

2009年4月15日 (水)

いろんな私。

実家に戻り、家の掃除・買い物がてらのドライブ・半年ぶりに親戚を訪ねたり。。

気分転換になりました。

ずっと続いてた彼様への不安やモヤモヤは、忙しくすることで、心の中でおとなしくなってた。

でも・・夜になると騒ぎ出す。。。そんな数日でした。

険悪な雰囲気になった先週のデート以降

彼様発信のメールが復活しました。。。

彼様なりに、できることを考えてくれたんかな。

でも会話をするわけではなく、「おやすみ」が添えられたメール。

私も、いつもと変わらない言葉を送りました。

今は、いろんな私がいます。

彼様への不安や疑いを持ったのは、考え過ぎて一人で悩んでただけって思いたい私。

ちゃんと答えてくれなかった彼様に、不安と不満を感じる私。

それでも、何か事情があるのかも・・と思いたい私。

そして、彼様に対して、気持ち的に距離を感じてる私。

不安になる時もあれば、なんとなくわりきった考えでいる時もあり。自分でもよく分かんない。

明日 どうなるんやろうか。。。

会うんかなぁ?

笑えるかな・・

2009年4月10日 (金)

分かんないよ

いつもの時間が来ても「今から行く」のメールがない。結局30分遅れで、彼様は来てくれました。仕事だから仕方ない。。。そう思いこむけど、一言「遅れる」の連絡が欲しくなる。

遅れてきたことには何も言わず、他愛無い会話をしながら、ファミレスに向かいました。

その道中、彼様にメールが。。。車の音やラジオの音などで、着信音は聞こえなかったけど、毎週届くメールが気になってた私は、会ってすぐに気持ちがふさぐ。

ファミレスについても、何度か入るメール。その度に返信する彼様。

「誰から?」

「バレーの友達」

「○○さん(毎週着信があった人)?」

「いや」

・・・・・・。

しばらくして、彼様が2日前のテレビの話をしだしました。私はその番組をはっきり見てたわけではないけれど、彼様が話す番組は、練習時間と重なる。

「練習休みやったん?」

「・・・・・スペシャルやから、長い時間してたやろ?」

「練習って何時までなん?」

「9時まで」

「じゃあ、たまにお茶しようよ」

「行かんなんってことはないけど、サウナ行くからな」

「・・・・・・。」

「ええよ。」

「嫌やったらいいねん。」泣きそうになりました。

ファミレスを出て、夜桜を見に近くの公園へ。人気もなくて、寒がる私を気遣ってくれる彼様。自分のを脱いで、私に着せようとしてくれる彼様。

「大丈夫。ひっつくから。」

そう言って、彼様のポッケの中で、久しぶりに手をつないで歩きました。

そこでもまた彼様は、さっきの番組の話をするんです。

でも、やっぱり練習と重なる時間の放送だから、また気になって。。。

私の部屋に二人で帰り、しばらくは彼様にくっついてました。寂しさを、モヤモヤを消したくて。後からシャワーをして、待ってる彼様の所へ。。。

「最近ね、寂しかってん。だから、他の日もお茶したいとか、練習のこととか変な聞き方して。ごめん」

キスして抱き合いました。終わった後の、まったり時間。腰が痛いからとうつ伏せになろうとする彼様に、だだをこねて横を向いてもらった。うつ伏せで寝られると、全然かまってもらえなくて、寂しいから。

少しして、私は彼様に 火曜のメールのことを話しました。気持ちをのせてメールしたのに、そのことに何にも触れてもらえなかったことを。ただ私自身、深刻になるほど気にしてたつもりじゃなかった。ふと思いだして、話しただけのつもりだった。

何にも言わない彼様。

「すんません」

しばらくして出た彼様の口調は、明らかに冷たかった。

「なんて答えていいか分からへんからなぁ。こういう時に、ちゃんと答えてあげられへんから、傷つけてしまうんやろなぁ。結局、前と同じことの繰り返しや」

「前って?」

「急にキレてしまったりな・・・」

【時々寂しくなって言葉が欲しくなる。でもうわべだけの言葉はいややから、別に言葉なくてもいいって思う自分もいる。じゃあ、どうすればいいねん!って話になるねんけど、私もどうして欲しいのか、分からなくなるねん。責めるつもりはないねん。

仕事でも何でもそうやけど、会話って・・コミュニケーションって大事だと思うから。。。

12月にキレられた時、正直ショックやったけど、ちゃんと私と向き合って話してくれてるって思えて、それは嬉しかってん。だから、我慢しないで怒ってくれてもいいねん。】

できるだけ、ゆっくりと、責め口調にならないよう、普段の口調を意識して話しました。

私が話してる間、何も言わず帰り支度をしていた彼様。彼様は、怒りたいのを我慢してくれてたと思います。

玄関で「こんなこと、もう言わないようにする」と言ったら「ええよ」と言ってくれました。別れ際のキスもしたし、いつものように見えなくなる場所の手前で、振り向いてもくれた。

「寂しい」という気持ち。

最初はそれだけだったのに、いろんなことが気になって、彼様を疑ってしまう私。メールでの私の気持ちを無視したことを責めたかったんじゃない。本当に伝えたかったことは、そんなことじゃなかったのにな。。。

言葉足らずになってもいい。時間かかってもいいから、彼様とは分かりあいたいのにな。

火曜のことだって、すぐ分かる嘘なんやから、ちゃんと教えてほしい。

彼様。

大事なのは心、気持ちだけど。。。

話さなきゃ、言葉にしなきゃ分かんないことだってあるねん。たった一言でも、あるとないとで、気持ちが大きく変わることだってあるねん。

だって、私は彼様が好きなんやもん。

時には傷つくことも覚悟してるよ。喧嘩だってあっていいと思う。喧嘩した後、険悪な雰囲気になった後、二人でどう乗り越えれるかだと思うねん。

彼様。今のままじゃ、彼様の心、私には分かんないよ。。。

2009年4月 9日 (木)

満月だから。

駐車場は物騒なので、今夜はお出かけデートになりました。

「どこか行きたいところは?」と彼様。

「夜桜か。。お店をブラブラか。。旅行の話がゆっくり聞けるお店や場所なら、どこでも」

「了解。考えとくわ」

今までと変わらない彼様の言葉。

・・・やっぱり、一人考え過ぎて、勝手に悩んでただけなんだろうか・・・

すごく会いたい。なのに不安も少し。

彼様に、ずっと抱えてた寂しい気持ちを話たいけれど、ちゃんと伝えられるかな。。彼様を怒らせないだろうか。

先週の被害のことは、彼様自身もショックなはずで、そのうえ多忙な日々の合間に会いにきてくれてる。そんな時に、今のこの気持ちを話すのはどうだろうか・・・とか。

結局、怖くて、逃げてるだけなのかもしれない。

愛用している手帳の、今日の日付欄には、満月のマークが。

時刻は分からないから、日付が変わってすぐが満月だったかもです。

でも 今日のデートは満月のパワーを分けてもらいたい。

満月には「達成」という意味があると、何かの本で読んだことがあります。

新月に込めた願いが、満月の頃に、叶う。って。

密かに信じていて、実家にいた頃は、部屋の小窓から星や月を眺めて、乙女チックにお願いをしていました。この部屋からは空が狭くて、夜も明るいから、なかなかできずにいたけれど、今夜は満月の力を借りたい。

fullmoon今夜は、充実した幸せな時間が過ごせますように☆

fullmoonどうか、彼様とずっと一緒にいれますように☆

2009年4月 8日 (水)

なんで?

寂しくて 一人で悩んでばかりの日々でした。

今は、普通に生活をしていたら、会うことはない彼様と私。会えない日々の二人を繋いでくれるのはメールしかありません。

彼様が旅行から帰った月曜日、「おかえりなさい」を送りました。久々にドキドキした。嬉しいドキドキ☆というよりも、返信くるだろうか。そんなドキドキ。

少し経って返信が。

とっても疲れた様子が、いつもより多めの言葉から伺えました。

返信と多めの言葉にホッとする。

昨日はメールを送らないつもりだったけど、衝動的に送信している私がいました。私から送信するには、とても遅い時間。彼様色に光るようにと携帯を気にしながら、数分待った。

彼様はサウナに行ってたとのこと。それから1時間以上、メールで会話ができ、私の心は、とても楽になってた。こんなふうに、メールでの会話はいつぶりやろう。。。

「もう歳だし、魅力なんてない」自分のことを卑下する彼様に

「そんなことないよぉ!!私は めっちゃ好き だよ」

「もう寝るわ。おやすみ。」

なんで?なんで 私の気持ちに一言も触れてくれないの?

メールの会話が1時間以上経ち、私自身もそろそろ「おやすみ」しようと思ってた。疲れてるのも分かる。でも・・・そんなぁ。

「もぉ 大事なとこには答えてくれへんねんから。寂しぃ。 おやすみなさい」

昨夜のメールの会話で、私の心は少し軽くなりましたが、最後の最後で・・・・。

それでも だいぶ気持ちは楽になった。

一人で考えてても悲しくなるだけ。こうやってメールでだって、もちろん会って話せば、また、いつかみたいに心晴れるかなぁ。

今日は両親がやってきて、近くの桜を見に行ってきました。満開で、とっても綺麗だった。

川沿いにずっと続く桜。河原におりる石の階段に座って、買ってきた巻き寿司やお惣菜を食べました。子どもたちが、川に入って楽しそう。

ふと見ると、年老いたご夫婦が川のすぐそばに腰かけ、作ってきたと思われるお弁当を広げて食べておられました。

なんか すごく いいなぁ。そう思える風景で。

いつか彼様と一緒に 桜の木の下で、お弁当を食べながら、ゆったりした時間を過ごしたい。

2009年4月 5日 (日)

厄病神

帰ってく彼様を見送ってからも、落ち込んでばかりで、その日は一睡もできませんでした。

それでも、私なりに気持ちを整理し、翌日の夜、お礼と鍵は見つかった?という言葉をメールで送りました。。。

鍵は練習場所である体育館にあったとのことでしたが、それよりも大変なことが起こってたんです。

私の部屋で過ごしている間に、彼様の車は車上荒しにあい、仕事で使う大事な道具類一式もっていかれたと。私のメールの返信で、初めてそのことを伝えた彼様。

「私が会いたいって言ったからや。ごめんなさい」

「しゃーないわ」

木曜は車の鍵がなくて会えないことになってた。私が必要以上にメールしなかったら、彼様は部屋に来なかったかもしれない。被害にあうことはなかったのに。

私は厄病神・・かも

結局その夜も眠れないまま朝になりました。朝になっても、お布団の中でいろんなことを考えては、泣いていました。素直に会えないことを了解していれば。。。

考えながら、少しウトウトしたつもりが、気づけばお昼になってた。

夜中はサイレントモードにしている携帯。着信ランプが光ってる。でもそれは彼様色ではなく、親友色でした。朝にメールをしても返信がなく、電話をしても出ない私を、倒れてるのでは?と心配して何度もメールをくれていました。

おおまかなことを伝えると、親友はお昼までの仕事を終え、私に会いに来てくれました。ここ最近、彼様と過ごす時間の物足りなさ。毎週届くメールのこと。そして、車上荒しのこと。彼女に話しました。

「自分を責める気持ちは分かるけど、被害にあったのがみほたんのせいっていうのは、それは違うよ。悪いのは犯人やねんから」

彼様の言葉ひとつひとつに、疑う気持ちをもってしまう。そういう私に

「彼様の言葉を素直にとったらいいのに。大丈夫、他に彼女とかいーひんて」

彼様のこと、よく知らない親友だけど、彼女の言葉に救われてる私がいました。一人で悩んで悶々としてたから、思いを話せたことで、気持ちが楽になれたのかもしれません。

彼女と話をして、元気も出た私だったけど、一人になるとまた考えてしまう。

毎週彼様に届く、メール相手のことは、やっぱり今も気にはなります。。。

彼様は今日明日と、仕事関係の人たちと一泊バス旅行に出かけてます。ちょうど昨年の今頃も同じ仲間と旅行に行ってた彼様。一年前は、「行ってきます」メールもくれてた。道中の景色の写メを添付してきてくれてたっけ。嬉しかったな。離れてても近くに感じれた。

あの頃みたいな二人に戻りたいな☆

彼様からもメールがあって、木曜以外も会える日があって。。。

彼様。

私ね、今は自分の気持ちをどう整理したらいいか、分かんないねん。

ささいなことかもしれないけど、それらが消化されないまま積もり積もって、息苦しいよぉ。

嬉しくなるのも 彼様。

寂しくなるのも 彼様。

叶うのなら

もう少しだけ、言葉をください。

もう少しだけ、分かりやすく表現してほしい。

私が鈍感で、気づけてないだけなのかもしれない。だから、私にも伝わるくらい、ストレートで安心できる言葉が欲しいな

★聞きたいことがあります★

もし、貴方の部屋で過ごしている間に、彼や大切なひとの車が車上荒しの被害にあったら、どうされますか?

私は・・会いに来てくれてる間に起きたことだし、知らん顔はできない。彼の被害は私の被害でもあります。彼様の被害額は分かりかねるのですが、いくらかを足しに使ってもらえるなら、と思ってるのですが・・。

こういうことは初めてなので、どうしたらいいかと思って。もし良ければ、アドバイスをください。お願いします<(_ _)>

2009年4月 3日 (金)

ズタズタ

会えない日々のメールの物足りなさ・・先週のデートの物足りなさ。

いろんな気持ちも彼様に会ったら吹っ飛ぶかも。。。そう思ってた。「早く行ける」前夜にそう言ってくれてた彼様。

早めに仕事を切り上げ、余裕をもって夕ご飯を作り・・・そろそろ♪の時間に彼様からの着信が・・・。でも

「車の鍵がなくて行けない」 えーっ何それー!!!

合い鍵は息子さんが使って出かけていて、帰るのは23時頃になるという彼。ちゃんと探した?今日はどこへ行ったん?問答しながら、最終的に「悪いけど行けない」と彼。

寂しくて悲しくて「じゃ、明日練習後、サウナを我慢して来て」そうお願いメールをしました。「明日は終わるのが遅い。それでもいいならサウナを断って行ってもいいけど」

会えない寂しさで涙があふれてた私には、この言葉からは、彼様が嫌がってるとしか感じれなかった。

30分以上かけて言葉を選び、彼様に送信した言葉は

「嫌ならいいねん。鍵がないなら仕方ないけど、それなら他でフォローしてほしかってん。私は会えないと寂しいもん。私は木曜以外でも、昼でもいつでもいいんやもん。息子さん早く帰ってこないかなぁ」

「うん。またメールするわ」

悲しかった。「ごめんな。今日ダメやから今度時間作るわ。」そういう言葉が欲しかった。

1時間半ほど続いたメール。その後もただ寂しくて、泣きながら座り込んでました。一緒に食べようと作ったご飯も食べる気になんてなれない。テレビはついてるけど、何にも入ってこない。

彼様は私に会えなくても 何とも思わないんや。。。

「鍵がない」というのだって、信じ難い話。悲しみの中から彼様を疑う気持ちも出てくる。

最後のメールから1時間以上たった頃、私は彼様にまたメールをしてました。鍵がなくて来れない。それなら家にいる。だったら電話して声を聞きたい。そう思ったから。

「今何してる?」

「テレビ見てる」

「ねぇ、電話してもいい?」

「(息子)帰って来た」

・・・「タイミングいいね」

タイミングがあまりにもよすぎて、かえって本当に今帰ってきたのかな?ってまた疑ってた。

それから彼様はすぐ来てくれました。時間は22時過ぎてた。遅くなっても来てくれたことに感謝すべきなのかもしれない。でも寂しさでいっぱいになってた私は、無理して笑うこともできませんでした。部屋にきた彼様は、鍵のこと何にも自分から話さない。なんで?

会いに来たからいい。そう思ってるの?

責めないように鍵の話を私から聞いたけど、もう心はどっぷり暗くなってた。それでも軽く一緒にご飯を食べ、話をして、ほんの少し気持ちが楽になった頃、「大好きだから・・」で始まる着うたが鳴った。毎週彼様に届くメール。相手は「ママさんバレーの人で、今日はテレビの修理で家に行って、お客さんや」そう言ったけど、前々から気になってたこともあり、「メール見たい。」って言ってみた。

冷たい口調ながらも「いいよ」と言ってくれて、私は彼様の隣に座り、メールを開きました。内容は修理のお礼や、明日の彼様の練習へのエール。そして「おやすみなさい」

絵文字付きの、とても可愛い文章だった。彼様は「はーい、おやすみ」と送ってた。

私にくれる言葉と同じ。

毎週早い時間にメールが来てたけど、昨日は遅い時間。「おやすみ」メールするくらいの仲になったってこと?モヤモヤは増えるばかりだった。。。

「お風呂に入る」そう言う彼様に「壊れてるねん」そう言って、抱き合うことを拒みました。どんなに強く抱き合っても、こんな気持ちじゃ虚しくなるだけ。そう思ったから。

寂しさから、私が勝手に彼様を疑って、落ち込んで。二人の時間をつぶしたのは私なんだと思う。でもあの時は、どうしても抜け出せなかった。一緒にいても遠くに感じてた。

変わったのは私なのかもしれないね。。。

昨夜はほとんど眠れず。仕事をしていても涙があふれる。原稿を汚さないように涙を拭き。こんな時、いつもなら仕事が私の気持ちを楽にしてくれるけど、今日はダメでした。

仕事を中断しては、考え込んでた。。。考えつくのは嫌なことばかり。

いっぱい泣いて考えて。ふと付き合いだす前のこと思い出してました。

ただメールをして返事がくる。それだけでドキドキしてた頃のこと。彼様がどこで何をしてるとか、そんなこと考えず、ただ純粋にメールが嬉しかった時のこと。

一緒に過ごした時間は確かにあって、確かに二人の関係もあの頃とは違う。彼様のこと、もっともっと知りたくて、不安になって。疑って。。。

彼様は何にもかわってなくて。

変わったのは私なのかもしれない。

そう思った。

考えると 今も涙が出るし落ち込む。不安にもなるけど

木曜は私に会いに来てくれる。それは確かなことだから、だから今は、もう少し頑張ってみようと思う。

純粋に好きっていう気持ちは、ずっと持ち続けてたいな。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

braketime

無料ブログはココログ