« 暗示パワーで☆ | トップページ | 病理検査結果 »

2014年12月 1日 (月)

父の治療の始まり

父のがんが見つかり、入院待ちをしていた7月から、もう4か月半が過ぎようとしています。

色んなことがありました。

少しずつ記していければ。。と思います。とはいえ、記憶も定かでない部分もあるのですが。。

まず、内視鏡カメラ(胃カメラ)で、癌部分を切り取るという治療(ESD)が行われました。3時間はかかったでしょうか。

終わったとの連絡があり、処置室に行ってみるとストレッチャーに横たわる父。久々に弱弱しい父を見た気がしました。全身麻酔ではないので、長時間内視鏡を口から入れた状態で大丈夫かなと心配でしたが、後で父に聞いてみると、さほど辛くはなかったようです。この治療のため、尿道に管を通される方が痛くて辛かったそうです。


ESDは無事成功。切り取った部分も見せていただきました。これを病理検査にかけ問題なければ一安心ということでした。

胃がんにばかり気が行ってしまい、すっかり忘れてしまっていたのですが、大腸ポリープも大小たくさんできていたため、その1週間後にポリープ切除してもらいました。大きいのが2つできているとは聞いていたのですが、小さいのも合わせると、何と19個もあったそうです。ビックリ!!

食事制限はあったものの、父自身は元気。暑い夏、快適な病室で、ゆっくりテレビを見て過していました。


これで癌はなくなった。あとは退院日が決まるのを待つだけ。父も、家族も私も、そう思い込んで疑わなかった。。。



これで完治って言ってもらいたかった。。。

« 暗示パワーで☆ | トップページ | 病理検査結果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394171/58148005

この記事へのトラックバック一覧です: 父の治療の始まり:

« 暗示パワーで☆ | トップページ | 病理検査結果 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

braketime

無料ブログはココログ