« 父の治療の始まり | トップページ | 一時帰宅 »

2014年12月16日 (火)

病理検査結果

その日は、切り取った胃がん部分の病理検査結果が分かる日でした。


先生との面談時間前に病室に着くと、看護師さんから退院の言葉があったと父も言うので、本当に一安心していました。浮かれすぎて「先生から聞くまでは分からんでー」と冗談交じりに諭したくらいでしたから。。



そして面談。

大腸ポリープのことから話を始める先生。こちらは問題なしでしたが、先生の話し方や言葉遣いから何か嫌な予感が。。母も感じたのか、私の方を不安そうに見ていました。



結果は、


切除した部分の底部まで、癌細胞が達している箇所がわずかながら有ったとのこと。つまり、胃の中に癌が残っている可能性は…あるかもしれないし、ないかもしれない。。

残っているかどうかは、胃を全摘して、それをまた病理検査で調べないと分からないそうです。
色々説明は聞きましたが、簡単に言うと、癌をすべて取りきれたと言えないため、外科手術をした方が良い。外科の先生と手術について面談して下さいとのことでした。


ただただショックでした。天から地に落とされた、そんな感じでした。父本人はどれほどショックだったかを考えると、今でも心が痛みます。

病室に戻る際の父の後ろ姿は、今もまだ目に焼き付いています。。


とりあえず内科病棟を退院。後日あらためて外科の先生と面談し、外科病棟への入院・手術日を決めるという予定になりました。

ほぼ完治して「退院」できると思っていたのですが、父の闘病生活はまだこれから…だったのです。

« 父の治療の始まり | トップページ | 一時帰宅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

✩みほたんさんへ✩


ご無沙汰しています。

更新がなく心配しておりました。


大丈夫?
弱々しい親の姿って本当に辛いと思います。
ましてや逞しいと思っているお父様ともなると
なおさらだと心痛いです。


みほたんさんも大変でしょうが一番辛く大変なのはお父様。
少しでも笑わせて明るく接してあげてください。
お父様はそばにいるだけで心強いと思います。

ココで見守っています。

☆eipyonさんに☆

明けましておめでとうございます。
温かいコメントありがとうございます。
退院してから3か月以上たった現在も、時々なげやりな言葉や、イライラをぶつける父ですが、家族で支え合って乗り切りたいと思います。

実家滞在の方が長くなり、なかなか更新できない状況ですがsweat02、eipyonさんのブログは携帯から読ませていただき、刺激ややる気を頂いています。

こんな私ですが、今年もどうぞ宜しくお願い致します☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394171/58283793

この記事へのトラックバック一覧です: 病理検査結果:

« 父の治療の始まり | トップページ | 一時帰宅 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

braketime

無料ブログはココログ