« 手術翌日 | トップページ | 術後3日目 »

2015年8月 9日 (日)

術後2日目

8月28日(木)

やっとの朝です。
夜中に父の状態が悪くなったらどうしよう、と思っていたけど、悪化等することはありませんでした。(父が我慢していたのかもですが…)
朝日が、気持ちをホッとさせてくれたのを覚えています。



父は、お腹のハリによる苦痛は少し和らいだようです。その代り、今度は手術の傷が痛みだす、というか、痛かったそうなのですが、ハリによる苦痛の方がかなり辛かったということでした。

痛みはどんどん大きくなり、これもまた我慢ができない様子。

夜中も痛み止めの点滴はしていたけれど、副作用などの関係から最低4時間は間をおかないと次の点滴はできないらしいんです。

点滴の量は少なく、20分ほどで終わってしまうので、父が、「点滴をもっとゆっくり落としてくれたら長い間痛みどめの効果があるのでは」。。と言ったけど、ゆっくりだと効果が薄れるとのこと。


何とかして欲しい。その要求に答えてもらえたのは、お昼前頃でした。


点滴とは別に、背中から入れている痛みどめの薬が病棟に届き、担当医の許可も出て、投与して下さりました。
そのおかげで痛みは徐々に和らいだようです。


相変わらず痰はよく出ていて、ゲポゲポしてはゼイゼイと息が乱れ、熱はないけど上半身と頭が熱くて、水枕とアイスノンが欠かせない。


ただ、手術による傷口やお腹の痛みは夕方頃治まり、父の状態も気持ちも安定して落ち着いてきました。



と言っても、術後の状態が良くなかったので、もう一晩泊まり込んで付き添ってあげられたらいいのですが、翌日に婦人科の診察予定だった私は、どうしてもお風呂に入りたいから、帰宅を宣言!

父も私達の体を気遣い、2晩続けてはいいからと言ってくれ、一人残ろうか悩んでいた母も、最終的には帰宅することになりました。



帰宅途中、身体の節々がだるく、筋肉痛のような痛みが出てきました。きっと、簡易ベッドで過ごした影響かな?私ももう若くないことを実感です。

気疲れと体力の限界、眠気も襲い、家に着いたら母と共にお布団にごろり。そのまま3時間ほど寝てしまいました。起きたのは深夜1時過ぎ。

そこから簡単な夕食をとり、お風呂に入り、あと数時間で夜明け…という時間に再度お布団へ。

さっき一度寝たのに、即効眠りにつきました。体は正直だなぁと感じたっけな。

« 手術翌日 | トップページ | 術後3日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394171/61099537

この記事へのトラックバック一覧です: 術後2日目:

« 手術翌日 | トップページ | 術後3日目 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

braketime

無料ブログはココログ