« 2015年8月 | トップページ | 2017年1月 »

2015年9月

2015年9月15日 (火)

術後6日目(大きな虹を見た日)

9月1日(月)

今日は、いつもより遅めの14時半頃病室に着きました。

父はその日、洗髪をしてもらい、パジャマ等も着替え、スッキリ。
丁度身綺麗になったその日、親戚のご夫婦がお見舞いに来て下さったそうです。

というのも、私たちが病室に着いた時は、すでに帰られた後でした。

父は普通に会話できるのですが、実情を知らない親戚には、鼻からの管と、管の先にある袋内の黒い液から、父が辛そうに思われたかもしれません。



夕方、担当の先生が来て下さりました。
お腹はハッているけど、柔らかくなってきている。
ただ、レントゲンにはガスがたくさん写っているので、鼻管はまだ取ることができない。
尿の量が増え、採血の数値は回復してきてるとのことでした。

足腰が弱るといけないから、努めて歩くようにと言われ、今日は病棟を2周歩いていました。



その後、病室からふと外を見ると、大きな虹が出ていました。

色もはっきり、くっきりと見える綺麗な虹。見上げるくらい大きくてホントに綺麗な虹でした。

あんなに綺麗な虹は初めてだったかも。

これは良い事がある予感♪


父と母も感動してました。

綺麗な虹、一緒に見れて良かったです☆

2015年9月 3日 (木)

術後5日目

8月31日(日)


14時ごろ病室に到着。
日曜ということもあり、のんびりとした穏やかな雰囲気の病棟でした。


昨日は背中への痛み止めと、お腹についていた管が外されましたが、それに続き今日も1本、管が取れました!


それは、尿の管です。


術後、父の体には数本もの管が取りつけられていましたが、一番最初にとれてほしいのは尿管と言っていたので、父も嬉しかったんじゃないかな。。

その代り、自分で尿瓶で尿を取り、その都度量をメモしなくてはならず、手間はかかる様になりました。
初めのうちは尿をこぼすこともありましたが、すぐに慣れたようだし、身軽になったことは良かったです。


咳き込むと、お腹がうずき痛む様で辛そうだし、お腹のハリもまだある様子。
痰を出すことは若干減りました。
鼻から管を通しているせいもあり、鼻水が出てくるようになり、更に、くしゃみや咳も度々。

と、状態は良好とは言えませんが、尿管がとれたので、一歩前進といった感じです。


今日は病棟を1周歩いただけとのこと。
尿管がとれ身軽になったのに、体調が良くないのか、今日は休みたいと横になる父でした。

確かに父はまだ、水分も摂れない状態なので、点滴は欠かせません。
点滴と、ガス抜きの鼻からの管。
この2本が取れないことには、心から安心はできないです。



17時頃、私用を済ませた兄が病室へ。
父と兄は手術日以来の再会です。術後すぐの時と比べると管が減っていて、一安心していました。
家族全員で、しばらく話した後、今日は早めに病室を出ました。

手術からこの日まで、とても長かったように感じたのを覚えています。




« 2015年8月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

braketime

無料ブログはココログ