カテゴリー「ペット」の12件の記事

2007年6月24日 (日)

大好き!忘れないよ!!物語12

寒い季節になると、夜はいつも一緒に寝てたね。

電気こたつの温かさを探して、お布団の上で丸くなったり、

お布団の中に入って、脇の間や、体にくっついて寝たり。

人のように同じ枕に頭をおいて、添い寝してくれてた時もあった。

だから、毎晩温かかった。ありがとう。

先にベットに座り、私が寝るのを待ってたり。。。

3匹みんな入ってきた時は、動けなくて大変だった。。。

お布団の中に入れないと、「開けて、開けて」って、

前足で土を掘るようなしぐさをしたり。

時には寝ながら伸びをして、私を押しやったり。

寝息がとても愛しかったよ。

も一度、一緒に眠りたいな・・・。

2007年6月19日 (火)

大好き!忘れないよ!!物語11

3匹が「川」ならぬ「小」の字のようになって眠る姿は

とても微笑ましく、私たちは癒されました。

茶太郎は、家族みんなになついていました。

イチゴは特に私に。リンゴは特に母親になついていました。

茶太郎は、園芸の作業のため、庭で座り込む母の背や、

畳の上に新聞を広げて、うつむくように読んでる私の背に

時々上っては、じっと座っていました。

おかげで、しばらくは動けなかった。。。

私が座ると、膝の上に勝手に上がって眠ったり、

知らないうちに、横で一緒に座ってたり。。。

いつも、そばにいてくれてたね。

だから、少しも寂しくなかったよ。

みんなのいる生活が当たり前だったのに・・・。

だけど、今は・・・。

2007年6月14日 (木)

大好き!忘れないよ!!物語10

三匹は、昼は家の庭・屋根、家の裏や周辺の探索をし、

夜、雨戸を閉める頃には家に入ってくる。。。

そんな毎日を過ごしていました。

夏は庭が涼しいようで、なかなか家の中に戻らないことも。

それでも姿さえあれば、安心していました。

ある日、リンゴが帰らず、しかも姿が見当たらない。。。

どこか遠くへ行って迷い、帰ってこれなくなったのでは。

道に出てしまい、事故にあったのでは。。。

母と近所を探したけれど見つからず、考えるのは

悪いことばかり・・・と、その時、

「ミャー、ミャー」・・・・・・・!!! リンゴの声 !!!

でも、どこから?

声をたどり、ふと見上げると・・・

リンゴは隣の家の屋根で鳴いていたのです。

下から「リンゴ」と呼ぶと、寄ってはくるけれど、

降りれないのか、屋根の端でじっとしているのです。

その屋根と隣接している2階の部屋へ行きました。。

窓をあけ、「リンゴ」と呼ぶと、こちらへ寄ってきます。

リンゴも家に帰りたいのです。

ただこの窓は、縦に柵が入っており、隙間はそんなに広くない。

屋根から飛び移るつもりのリンゴが、もし柵棒にあたり

落ちたらどうしよう。。。

でもリンゴは飛び移る様子で、足をジリジリさせています。

ジャーンプ!!

私の不安をよそに、リンゴは隣の屋根から部屋に

無事帰還をはたしました。。。

 やったぁ~おかえり、リンゴ。 

ほんとに心配したんだよ。戻れなくなってリンゴも

不安だったんだね。

あの時、リンゴの姿を見たとき、ほんとに安心したよ。

遠くに行かないでね。。そう約束しました。

リンゴが隣の家の屋根にのぼる事は、それ以降ありませんでした。

2007年6月 6日 (水)

大好き!忘れないよ!!物語9

翌日、避妊手術を終えた2匹を迎えに病院へ。

ずっとおとなしかったイチゴに対して、

リンゴは麻酔をかけるまで、獣医さんや

助手の方を困らせたようでした。。。

助手の方は、引っかかれたとのことで・・・

それはそれは大変だったようです。

家に連れて帰った2日後、イチゴの傷口を巻いた

包帯がとれたので病院へ電話。。。

イチゴの名を出す前に、

「リンゴちゃんのほうですか?」

「イチゴのほうです」

「よかった。連れてきてあげてください」

その言葉で、よほど迷惑をかけたんだな、と思いました。

リンゴはイチゴよりもマイペースな性格。

体格も一回り大きく、落ち着いた感じ。

病院であんなに暴れるとは想像しなかった。

それだけ、恐怖でいっぱいだったんだね。

イチゴ、そしてリンゴ、よく頑張ったね。。。

2007年5月28日 (月)

大好き!忘れないよ!!物語8

イチゴとリンゴは女の子。

茶太郎は親代わりとはいえ、男の子。

近所には野良猫もウロウロしていて、いつ襲われるかも・・・

そんな不安もあって、2匹を病院へ連れて行きました。

避妊手術のためです。

初めての外出。箱に入れて車に乗せました。

時折聞こえる、か細い鳴声・・・。

ゴメンね。その分、あなたたちを大事にすると誓いながら・・・。

せまい診察室。初めての知らない人とのご対面です。

体重を量るため、箱から出さなくてはなりません。

固まっている2匹のうち、まずイチゴを出しました。

イチゴはおとなしく、じっとしていました。

母が抱きかかえると、イチゴもまた母に抱きついてきたと

後から聞きました。

次にリンゴ。。。ふたをそっと開けると・・・・。

ニャー!!!

リンゴはパニックになっていました。せまい診察室を

見たこともない速さでぐるぐると猛ダッシュ!

壁づたいに走るほど・・(まるで忍者のように)

母と私、獣医の先生までも、なすすべなく・・・。

やっと捕まえられたのは、先生の書類や本が並んでいる机の上で

一瞬リンゴが逃げ場に迷い、止まったからでした。

嵐のような時間でした。

2匹を預けて帰る車中、とても辛かったことを覚えています。

じっとしていたイチゴ。大暴れしたリンゴ。

2匹ともどんなに怖くて、どんなに不安だったことか・・・。

あなた達のほうが、辛かったのにね。。。ごめん。

2007年5月25日 (金)

大好き!忘れないよ!!物語7

イチゴとリンゴ、茶太郎たちは時には私たちを困らせ、

しかし、それ以上の癒しを与えてくれました。

当時、一番困ったのは、数え切れないほどのノミが

3匹の体に住みついていた事。

私は、1匹ずつノミ退治を始めました。

見つけてはつぶし、探し、見つけては・・・

日に日に私のノミ退治の腕もうまくなってたな・・・。

自慢にならないけどね。

かゆかっただろうに。。。

気持ちよさそうに、じっとしてる3匹がとても可愛かった。

お母さんはね、君達のために徹夜でがんばったよ。。。

その時間は苦じゃなく、楽しみになってたな。。。

2007年5月21日 (月)

大好き!忘れないよ!!物語6

イチゴとリンゴが初めて迎える冬が近づいてきました。

朝晩は冷えて寒いだろうから・・ということで

2匹のダンボールの部屋を、庭から家の廊下に置く事にしました。

といっても、約50㎝先のお引越し。。。

私たちの「ひとつ屋根の下」暮らしの始まりです。

その頃の茶太郎は・・・もともと野良猫であったため、

近所を探索に行くのが、彼の仕事。

時々、戻ってきては、2匹の相手をする生活。

でも夜には、必ず戻ってきていました。

夜、茶太郎が戻る前に、庭の雨戸を閉めたことがありました。

すると庭から「ニャーニャー(開けて、入れてぇ、帰ったよ)」

気づかない時は、二階の私の部屋のベランダから

「ニャーニャー(入れてぇ、寒いよー)」

開けたとたんに、勢いよく入ってきてたね。。。

遅くに起こされたこともあったけど、

言葉が通じ合ってるみたいに感じてたよ。。。

2007年5月 5日 (土)

大好き!忘れないよ!!物語5

イチゴとリンゴは庭に置いたダンボールの部屋で、夏と秋を過ごしました。

庭は廊下に面しており、廊下で2匹が遊ぶこともありました。

夏は、廊下が冷たく気持ちよかったようです。

お昼寝したり

時々、廊下で2匹の競争が始まったり、じゃれあったりするようになりました。

茶太郎も2匹と過ごす時間が増え、親子のようでした。

2匹が茶太郎の体にしがみついて眠ることもありました。

おっぱいを飲むように、茶太郎の体に吸い付いていました。

茶太郎は男の子。。。でも、嫌がらずに、じっと吸わせてあげていました。

茶太郎は優しいね。

きっと、2匹の親になろうとしてくれてたんだね。

3匹での寝姿。最高に癒してもらったよ。。。

ありがとうね。。。

2007年5月 3日 (木)

大好き!忘れないよ!!物語4

イチゴとリンゴが家に来たのが、たしか、6月。

庭にダンボールの箱をふたが横になるようにして置き、犬のぬいぐるみを

中にいれました。そこが、2匹の部屋。箱の6割の大きさのぬいぐるみを

置いても余裕の広さ。それぐらい2匹は小さかったです。

朝起きるとまず、2匹の様子を見るのが日課になりました。

栄養不足で死んでないかな?箱から逃げ出して、いなくなってないかな?

雨の日も心配だった。

でも2匹は、犬のぬいぐるみにしがみつくようにして、いつも眠っていました。

また、私の気配に気づくと、よちよち歩きで近づいて来てくれて。。。

部屋、気に入ってくれてたかなぁ?

2007年4月28日 (土)

大好き!忘れないよ!!物語3

今日は、イチゴとリンゴの名前の由来を紹介します。

前に書いたように2匹は別々の日に家の玄関に捨てられていました。先にイチゴでした。

ただ、しばらくは名前をつけずにいました。とりあえず、先に来た方を1号、後から来た方を2号と呼んでいました。

家で飼うと決めたからには、やはり名前をつけよう。その頃たしか、1号、2号と呼ぶ習慣ができていたように思います。

それで、1号・・・いちごう・・・イチゴになりました。バンザ~イ!イチゴの顔は小さくて、あごが細く、果物の苺の形にも似ていました。

2号はイチゴより一回り体が大きく、ポチャっとしていて、尻尾は丸く巻いた状態でした。顔も丸かったので、果物で例えたら林檎だな。ということで、リンゴという名前になりました。

ダジャレで名づけたようなものですが、つけてみると2匹の体の特徴がピタッと果物に当てはまっていました。

イチゴ、リンゴ、名前気に入ってくれてた?

・・・次回に続く

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

braketime

無料ブログはココログ