カテゴリー「グルメ・クッキング」の15件の記事

モラタメ当選「創味のつゆ減塩タイプ&もみじおろしぽん酢」レビュー

「味付けは創味のつゆだけ!?簡単やのにめっちゃ美味しい」

それが第一印象です。


▼モラタメさんで当選!

2

30年以上の人気商品「創味のつゆ」の減塩タイプということで、美味しさと体によさそうという2つのポイントが嬉しいです。


モラタメさんで当選したって母に言ったら、「ずっと気になっていて食べてみたい」と言うので、持ちかえり実家で使うことに。

母がさっそく創味のつゆ減塩タイプで、肉じゃがと豚&白菜煮を作ってくれました。


▼肉じゃが

 Photo_20220805120202

「創味のつゆしか入れてないで」

「うそっ!しっかり味ついてて美味しいやん」


普段、母の味付けはとても薄くて、調味料使った?だし入れた?と聞くこともしばしば…。

それが、創味のつゆだけなのに、しっかり味がついていて美味しかったです。

創味食品さんの公式HPにある肉じゃがレシピでは、砂糖も入れるとあったけど、全く問題なかったです。

いつも、ほどらいこ(目分量)での味付けで失敗しがちな母ですが、創味のつゆなら心配なさそう(^^)



▼豚と白菜煮

Photo_20220805120204

こちらも、創味のつゆ減塩タイプだけの味付けでしたが、美味しく頂きました。


簡単で美味しくて、しかも減塩。

両親とも高血圧なので、その点でも有難いです。




聖護院かぶらのもみじおろしぽん酢は、「かけるだけ」「混ぜるだけ」で完結できるので、簡単に使えて便利。


▼冷奴

Photo_20220805120203

あと醤油をかけるだけの時に、そうだ!と思いだし、もみじおろしぽん酢をかけました。

ゆずの味わいで爽やか上品な冷奴になりました。

醤油とはひと味違う美味しさです。



▼餃子のつけだれに
Photo_20220805120205

いつもは、添付されてる餃子のたれを使うので、合うのかなーと思ったけど、餃子にも合います



体のことを考えた「減塩タイプの創味のつゆ」

ゆずの味わいが美味しい「聖護院かぶらのもみじおろしぽん酢」



何より簡単で美味しいのは高ポイント!

毎日の食事に欠かせなくなりそうです。



久々のモラ当選でしたが、とても有難い商品でした。

モラタメさん、創味食品様、ありがとうございました。

 

 

手軽に栄養補給できるカロリーメイトゼリーをおタメし!

モラタメさんのタメせる商品から、大塚製薬のカロリーメイトゼリーをおタメししてみました。

類似商品は時々食べていたけど、カロリーメイトゼリーは初めて。店頭で見かけて気になっていたので、タメせる商品に登場しているのを見つけ、即申込みました♪


      ▼2個しか写っていませんが、アップル味と、ライム&グレープフルーツ味、各4個の8個セットです。Fj3107610001

カロリーメイトゼリー1袋で、糖質脂質タンパク質10種類のビタミン4種類のミネラルと、身体に必要な5大栄養素が補給できるのだそうです。

栄養は食事でとるのが理想ですが、毎日のことなのでなかなかたいへん
なので、このような手軽に食べられる栄養食品があるのは有り難いです。




【アップル味】
若干、白濁色というか黄みがかってる?ように見えます。

Fj3107620001

まず一口。
あれ!?この味、どこかで食べたような気がする・・・

そうだ子供の頃、祖母がリンゴをすりおろして作ってくれたリンゴジュースだぁ

もちろん祖母のリンゴジュースにゼリーは入っていませんが、味はかなり近くて、私にとっては懐かしい味という印象でした。




【ライム&グレープフルーツ味】
色はアップルと同じですね。
Fj3107970001

アップル味と比べると、甘みが抑えられていてグレープフルーツの味がします。口の中もスッキリさっぱりで、気分転換にも良さそう。
甘いのは苦手という方には、ライム&グレープフルーツ味をおススメします。



クッキータイプのカロリーメイトは、口の中がボソボソして飲物が必要になるけど、ゼリーだとチュルチュル食べれて美味しかったです。後味もすっきり。


時間がなくて食事がとれない時や栄養バランスが気になる時、スポーツ時の補給食にもピッタリ。
それと、体調が悪い時や、夏の暑さで食欲がない時も食べやすいし、消化も良いから、常備しておくといいかも。
美味しくて栄養補給できるのは良いですね☆


ゼリーだから年齢に関係なく食べられるのも嬉しいです。両親にも是非食べて貰いたいな、と思いました。



気になる商品をモラえたり、送料費だけでタメせたりできるモラタメ.net
興味のある方は一度チェックしてみて下さいね☆

人参でビタミンAをとろう!

ビタミンAをとろう!


スーパーで、小ぶりの人参10本入りを見つけました。1日1本食べれば、1日の摂取量の半分以上は補えるかなぁなんて思い、即購入。

シンプルに輪切りで焼いたり、小さく切ってレンジで蒸し、マヨをかけたり、少量の日もあるけど、とりあえず毎日人参食べてます^^


で、今1番のお気に入りが、ピーラーでカットした料理です。

味付けはその時その時でかわりますが、このピーラーカットがお気に入り。歯触りが新鮮で食べごたえもあります。

Fj3100070001                     油で炒め、砂糖・しょうゆで味付け

Fj3100040001              シーチキンの油を使って炒めました。この時はシメジも一緒に。


ここ数日、人参にスポットをあて食べてますが、飽きることなく、より好きになりました。他の緑黄色野菜と合わせ、これからも人参さんには、お世話になる予定です^^

海老とアスパラの塩炒め

やる気を出して、レッツクッキング♪しました^^

Fj3100020001

レシピは、クックパッド内のオプティーさんのレシピを参考に、真似て作りました。
まだ登録してないので、先にここで「つくれぽ」させていただきます。

オプティーさん、簡単美味しいレシピ、ありがとうございます☆

冷凍エビも下処理し、アスパラもさっと茹でてから炒めました。

えび、アスパラをしっかり味わえるのに、あっさりした後口。次から次と食べたくなる感じ^^


アスパラといえば、「茹でてマヨ」ぐらいしか家ではしなかったですが、とっても簡単・美味しくできたので、今度実家に帰った時、家族にも作りたい一品です。

オプティーさんのおかげで、今回は☆3つです!

鶏そぼろと豆腐炒め

木綿豆腐、鶏そぼろ、卵、ちくわ、冷凍ベジ…などを炒めました。

創作料理・・・ではなく、行き当たりばったり、何とかなるか料理です。

一人なので、失敗しても文句言う人いないから、気にせず何でも出来ちゃう。
「いれてみよう」「いれちゃえー」的な感じで作りました^^

120325_191801

砂糖、しょうゆ、酒、みりん、しょうが(すりおろし)で甘辛く味付け冷凍保存しておいた鶏そぼろを使ったので、調味料等はあまり入れなくても大丈夫。。と思いながらも、結局、中華味のもと、仕上げにウスターソースをほんの少し追加しました。

ホント思いつき、大雑把ですが、これがビックリ美味しかったです☆甘辛鶏そぼろのおかげだわ。

奥は小松菜とあげのお浸し。こちらも私にしたら良い味付けな方に仕上がりました。この時は、あと納豆をプラス。

よく噛むことも消化を助けるので、最近、特に夕食の時間が長くなりつつあります



今回は「☆2つ」ってとこです。

クリームパスタ☆

エビとブロッコリーのクリームパスタを作ってみました。

膵炎は脂質を控えないといけないので、バターたっぷりのクリームソースに、少しためらいましたが、このためにムキエビを購入したので、しんどくなる覚悟を決め、いざ料理開始です!

120326_192201_2
見た目は悪くない感じ!?に見えなくもないですが、重たいソースになっちゃった

味もいまひとつ。何かが足りないなぁ。

「☆1つ」です^^

かぼちゃのポタージュ

昨夜の夕ご飯です。献立的には合わない感じですが…以前読んだ、膵炎の人の食事の本にのってあった「かぼちゃのポタージュ」を試してみたく、作ってみました。

 

本を参考に、分量などは適当でしたが、自分でもビックリするくらい美味しくできました。

 

かぼちゃはなめらかに潰したつもりでしたが、つぶれきれてないのもありました。でも、それはそれで美味しかったです(果実入りジュースのような感じで)

 

小さな子供はもちろんですが、お年寄りの方にも良いなぁと思える一品でした。

 

私でも出来る、超簡単に作れたので、実家に帰った時、家族にも作ってあげたいと思います。

 

111027_194701_2
膵炎の人の食事のメニューの中には、「小松菜と揚げのお浸し」がありましたが、揚げがなかったので、私はカニカマを代わりに入れ、味付けも自己流で、だしの素+めんつゆにしました。

 

かにかまに味がついているので、めんつゆだけでも丁度良い感じでした。

 

 

「かぼちゃのポタージュ」…1人分

 

かぼちゃ(80g)/牛乳(80ml)/A「固形ブイヨン(3/4個または3g)、湯(1/4カップ)」/こしょう(少々)

 

①かぼちゃは、蒸すかゆでて火を通す(又はレンジで2分ほど加熱)。皮を取り、なめらかにつぶす。(好みで、皮を小さく切って、浮かせると良い)

 

②鍋に、つぶしたかぼちゃとAを加え、混ぜながら火にかけ、温まったら牛乳、こしょうを加え混ぜる。煮立つ直前で火を止める。

 

※『膵炎の人の食事』より

やる気を起こして焼き飯作り

今朝は5時半に目覚め起きたからか、10時過ぎから眠気に襲われまくり。

さらに、このどんよりとした天気に体が重だるい。

やる気という気力が失せたまま、お昼1時を過ぎた頃、やっと昼食のことを考えました。

気力がないので、作る気まったくなし。でも食べる気はあり

インスタントのカップスパにしようと一度は決めたけど、だらだら気分を断ち切るにも、料理はいい気分転換になるかも!と思い、作ることにしました。

料理といっても、材料切って炒めるだけの焼き飯ですけど。。仕上げに黒ゴマを少々。

お味噌汁は昨夜の残り(じゃが芋と小松菜+とろろこんぶ)

110930_133201
炒めてる時は多いと思ったけど、なんてことなくペロリと完食。

味付けは、まぁまぁかな。

でも、インスタントの魅力に負けず、作ったことに一人満足の私です^^

 

膵炎の方向け料理

 先日、膵炎の方向けの食事の本を発見。その中から私でも作れそうものをチョイス。作ったのがこちらです。

Photo

材料:じゃが芋80g/だし汁80g/砂糖1.5g/醤油4g/鶏胸ひき肉(皮ナシ)15g

   A(だし汁30g/砂糖1g/醤油2g/酒2.5g)  片栗粉、少々/さやいんげん10g

じゃがいも、大根、かぼちゃを一口大に切ったものを、(本にはじゃがいものみの献立でしたが、冷蔵庫に余っていたので入れました)だし汁で煮ます。煮立ったら弱火にし、砂糖を加えて3,4分。それから醤油をいれ、やわらかくなるまで煮ます。

別鍋で、ひき肉とAを入れ、かきまぜながらアクをとります。火が通ったら少量の水で溶いた片栗粉でとろみをつけます。

さやいんげんは熱湯でゆで、適当な長さに切り、芋の煮汁でさっと煮る。

膵炎の人の食卓 #美味しい・ヘルシー・クッキング#より

慢性膵炎と診断されてから、2年9ヵ月経ちますが、本を読んで病気のことを軽く考え過ぎていたことに気付かされました。脂肪は、健康な人(50~60g)の半分の摂取(30g)がいいらしいのですが、大好きでよく食べていた菓子パンの脂質は、多いものだと1個で15前後あるものが多かったんです。。。生クリーム、ホイップ大好きですから、今後いっさい食べない!なんてことは出来そうにないですが、食事面には注意していかねば・・・と思います。

ちなみに上記の料理ですが、美味しかったです。このそぼろあんかけは、他の料理にもかけて食べれるので、ちゃんと覚えておこうと思います^^

簡単パスタ♪

無性にパスタが食べたぁ~い気分だったので、冷蔵庫と相談して作りました。見た目はイマイチですが・・・

Photo 玉ねぎとシメジ、ハムを炒めたところに、作り置きしてあった野菜スープを具も一緒にいれ、そこに、半分に折って固めにゆでたパスタも加え、少し煮立たせました。

牛乳をちょっぴりいれたら、シチューの素を適量入れ、はい!簡単クリームパスタの出来上がり♪

失敗しても食べるのは私一人だから、味付けはいつも適当なのですが、食べたい味に仕上がってて、我ながら美味しくできましたです^^

パスタを半分に折ったので、フォークに巻きつく量がちょうど一口分くらいになって、食べやすい。あと、野菜スープの小さな具もたくさん入れたので、どの部分をとっても、パスタと具を一緒に食べれました

食べてくれる人ができるその日まで、いろいろレパートリーを増やしておかなきゃ!と密かに思う私です

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ