カテゴリー「書籍・雑誌」の2件の記事

あとがきで泣きそうに。今、この時の大切さにしみじみです。

本を読むのは好きな方です。
最近は、図書館で借りることが多く、購入するのはかなり減ってしまいましたが(^^;


先日、読み終わったばかりの本が、小林弘幸氏の『自律神経を整えるとあなたはもっと素敵になれる!』でした。

自律神経を整えるためのアドバイスが書かれていて、生活に簡単に取り入れやすいことが多かったです。


ちょっとした体調不良は自律神経の乱れが原因、って見聞きしたことがあるから、できることから始めようと早速とりいれています^^




で、最後のあとがきで、小林氏が高校生の時、お母様が病気で亡くなられたことを記されています。

逝ってしまわれた後、

 それからは本当に、たった一人の命の灯が消えただけなのに、あまりにもいろいろなことが変わってしまいました。一人の存在がいかに大きかったか。自分の人生の先が見えなくなるという、光がまったく見えない状態でした。

 

そして、読者に伝えたいこととして、

 みなさんの体は「自分一人の体」ではないということ、ただそれだけを。

 みなさんの周りには、みなさんを必要とする多くの人がいることを決して忘れないでください。みなさんの存在がどれだけ多くの人に勇気を与え、光を灯しているかを。それに気づいていただけたならば、かけがえのない自分の体をぜひ、大切にしてください。

 

だからこそ、体の不調があらわれた時は病院でみてもらうように、と。

最後の一文は、

 あなたの代わりは、誰もいないのです。

 


本文は淡々と読んでいたのに、あとがきで泣きそうになっちゃいました。

お母様が亡くなられた時の経過や心境が書かれていて、感情移入したのかもしれません。


私の祖父母が亡くなった時のこと、友だちが亡くなった時のこと。
いつかくる両親の最期の時のことなど、考えてしまいました。


まさか、あとがきで泣きそうになるなんて思いもしなくって。

命の大切さ、生きてることの素晴らしさを改めて考えるきっかけになりました。



最近、母にイライラすることが増えており、冷たい態度をとる時もあり…。
835824_s


でも、両親と過ごす時間は、思っているより短いかもしれない。

そう思ったら、生きていることの大切さ、家族と過ごす今がかけがえのない時間なんですね。
冷たい態度をとり、お互いイヤーな気分で過ごしているのはもったいないのかも。

 

とはいえ、イライラはしてしまうー(>_<)

本に、ストレスを溜めない工夫も紹介されていたから、それも取り入れて穏やかな時間を過ごせるよう変えていこう!
そう思えた本でした。

言葉や文章も分かりやすくて読みやすいから、興味のある方は読んでみてくださいね。



 

 

 

 

テーマは強い愛!!おすすめ本

私は東野圭吾さんの本がお気に入りです。特に推理モノが。

ストーリー展開に、飽きることがないんです。引き込まれていくんですよね。

どこを読んでても、キーワードがありそうで、ボヤボヤしてられない・・・かといって、疲れないんですよね。

とても厚い本を、自分でも驚くほどの速さで読み終えてたりして。

・・傑作揃いの中でも、ここ最近読んだ中で、強ーく印象に残ってるのが、

「容疑者Xの献身」です!

(以前、小池栄子さんも「はねとび!」で紹介されてました)

読み始めの方で、すでに犯人は分っちゃうんですけど、最後にはキョウレツな展開が待っているんです。

登場人物すべての人の生き様や気持ちに共感できるところがあって、頭の中で場面を浮かべられるくらい引き込まれてました。テレビ化してたっけ?だから、思い出せるのかな?って思うくらい。

この本のテーマは「愛」!!

しかも「強い」「強烈」な「愛」。

このすさまじい、強い愛を感じた時、推理小説なのに泣いちゃいました。

「人を好きになる」ことを考えさせられましたね。。 

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読んだことの無い方は是非是非!!
この本はもちろん、東野圭吾さんの本を「もっともっと」読みたくなること、まちがいなし!です。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ